失った髪をもとに戻す方法

男の人

人工毛や自毛を使う

薄毛の治療にはクリニックで処方されるプロペシアやミノキシジルといった薬剤が効果を発揮します。通常はこれで治療できるのですが、薄毛の症状が進行してしまい、これらの薬剤が効かなくなることもあります。薄毛やハゲになると年齢より老けて見えこれがコンプレックスになる人も多いのです。特に若い男性にとって薄毛は大問題です。AGAの場合、20代前後で薄毛になってしまう人もいます。そんな悩みを解消してくれるのが植毛です。植毛は人工毛と自毛移植の2種類があります。人工毛はナイロンやポリエステルといった合成繊維の髪を植毛します。これは一度にたくさんの植毛ができ、希望通りのスタイリングにすることができます。また費用も自毛植毛に比べて比較的割安です。髪を維持するためには定期的なメンテナンスが必要となります。自毛移植は残っている髪の部分の皮膚を切除し、薄毛の部分に植毛する方法です。頭皮を切開するので何回かに分けて施術が行われます。髪を移植すると、いったんそれらの毛はすべて抜けてしまいます。しかしすぐに髪は生えそろってくるので心配ありません。自毛移植は定着率が90パーセント以上だといわれています。そのため人工毛よりは費用は高めになりますが、髪の定着が確認できればその後クリニックに通院する必要はありません。人工毛と自毛の植毛はそれぞれにメリットがありますが、どちらを選ぶか迷ったら医師と相談して決めたらいいでしょう。

人気記事

育毛サイクル

成長因子を頭皮下に注入

HARG療法は成長因子AAPAに栄養成分を加えた治療剤を皮下に直接注入する、男性型脱毛症の治療法です。細胞を活性化させることで症状を改善するため、薄毛が進行してしまった人にも効果が期待できるというメリットがあります。

詳しく見る

男の人

失った髪をもとに戻す方法

薄毛が進行して薬の効果がない場合、人工毛か自毛を植毛する方法があります。人工毛は合成繊維の髪を使うので一度にたくさんの髪が移植できます。自毛移植は複数回の施術が必要ですが定着率は90パーセント以上です。

詳しく見る

髪の毛

皮膚科ではなく頭髪専門医

薄毛の悩みを抱えている方は、皮膚科等の一般医もしくは頭髪治療専門の医療機関を受診されることです。皮膚科などの一般医は薄毛の進行阻止を目的としています。専門医は、保険適用外で料金は高くなりますが発毛を目的として治療を行います。

詳しく見る