皮膚科ではなく頭髪専門医

髪の毛

初回相談は無料で

テレビCMなどでも薄毛の悩みはお医者さんで治しましょうとったフレーズをよく耳にします。お医者さんといってもどこに行けばいいのか、治療ができるところは一般の皮膚科医院または頭髪治療を専門とする医療機関で治療をすることができます。一般医と専門医どちらで治療をすればいいのかは、現在の薄毛の進行状況にもよります。今ある髪の毛をずっとキープしていきたいのであれば、皮膚科などの一般医でも構わないのです。プロペシアを処方してもらうので抜け毛を抑えることができます。専門医は、見た目が薄毛と分かる薄毛の進行をを阻止するだけでなく発毛治療を行いたい人向けです。そのため抜け毛で悩みを抱えているが進行阻止だけでなく発毛促進もしたい方は専門医ということになります。ただし、専門医での治療は保険適用外となります。一般医は、保険の適用がされますので専門医よりも安価な治療費となります。効果の大きさでいえば専門医となります。料金は高いですが、専門医では初回の相談無料にしているところが多いです。初回相談で、現状抱えている薄毛の悩みなどを相談し、どういった治療が最適なのかも質問をすることができます。相談した結果によっては、市販の育毛剤だけでも十分に治療をしていくことができる人もいますので、他にも具体的な治療法や治療費、治療期間などについても聞くことができます。何も行動していないでいると薄毛はどんどん進行していきますから、悩みを抱えこまず相談をすることです。

人気記事

育毛サイクル

成長因子を頭皮下に注入

HARG療法は成長因子AAPAに栄養成分を加えた治療剤を皮下に直接注入する、男性型脱毛症の治療法です。細胞を活性化させることで症状を改善するため、薄毛が進行してしまった人にも効果が期待できるというメリットがあります。

詳しく見る

男の人

失った髪をもとに戻す方法

薄毛が進行して薬の効果がない場合、人工毛か自毛を植毛する方法があります。人工毛は合成繊維の髪を使うので一度にたくさんの髪が移植できます。自毛移植は複数回の施術が必要ですが定着率は90パーセント以上です。

詳しく見る

髪の毛

皮膚科ではなく頭髪専門医

薄毛の悩みを抱えている方は、皮膚科等の一般医もしくは頭髪治療専門の医療機関を受診されることです。皮膚科などの一般医は薄毛の進行阻止を目的としています。専門医は、保険適用外で料金は高くなりますが発毛を目的として治療を行います。

詳しく見る