抜け毛の予防ができる

化粧水

副作用がなく効果が高い

乾燥や皮脂過多、血行不良などによって頭皮環境が悪化すると薄毛になります。薄毛を予防するには、普段からの正しいスカルプケアが大切です。ケアをするときに使うと効果が高いのが頭皮用の化粧水です。化粧水なので副作用が起きることがなく、毎日安心して使うことができます。肌が乾燥すると紫外線などのダメージを受けやすくなりますが、それは頭皮も同じです。乾燥することでフケやかゆみなどのトラブルが起きやすくなり、抜け毛や薄毛のきっかけになります。そこで役立つのが頭皮用の化粧水です。顔と同じように洗って清潔にしたあとに化粧水をたっぷりとつければ、保湿成分が浸透して内部からしっかり潤います。保湿成分の働きによって長時間潤い効果が持続するので、乾燥によるトラブルが起きやすい体質の人にぴったりです。反対に皮脂が過剰でべたべたしがちな人にあっているのが、皮脂を抑制する化粧水です。つけると脂っぽさがなくなり、サッパリ爽快な使用感があります。男性ホルモンが多いと皮脂分泌量が増えるので、男性の薄毛予防に効果が高いです。発毛を促すために大事なのが血行の促進です。頭皮用化粧水には、詰まった血行をスムーズにして血行を良くする有効成分を配合したタイプもあります。有効成分が毛細血管にアプローチすることで血液が隅々まで行き渡って頭皮が柔らかくなり、発毛しやすい環境になります。つけるときには指先で優しくマッサージをすると、さらに血行促進効果がアップです。

人気記事

育毛サイクル

成長因子を頭皮下に注入

HARG療法は成長因子AAPAに栄養成分を加えた治療剤を皮下に直接注入する、男性型脱毛症の治療法です。細胞を活性化させることで症状を改善するため、薄毛が進行してしまった人にも効果が期待できるというメリットがあります。

詳しく見る

男の人

失った髪をもとに戻す方法

薄毛が進行して薬の効果がない場合、人工毛か自毛を植毛する方法があります。人工毛は合成繊維の髪を使うので一度にたくさんの髪が移植できます。自毛移植は複数回の施術が必要ですが定着率は90パーセント以上です。

詳しく見る

髪の毛

皮膚科ではなく頭髪専門医

薄毛の悩みを抱えている方は、皮膚科等の一般医もしくは頭髪治療専門の医療機関を受診されることです。皮膚科などの一般医は薄毛の進行阻止を目的としています。専門医は、保険適用外で料金は高くなりますが発毛を目的として治療を行います。

詳しく見る